YouTubeチャンネルはこちらをクリック!

ウエスタンカンファレンスの順位予測!!西を制するのはどのチームか!?

ビブスくん

こんにちわ!今日は思い切ってウエスタンカンファレンスの順位予想をしたいと思います!
スーパースターだらけの西の順位予想って!?ほんま大丈夫かいな!?

ブル舞くん

ビブスくん

たぶん大丈夫でしょう。さっそくいってみましょう!

ウエスタン8位予想

ポートランド・ブレイザーズ

スターター予想

チーム評価

インサイドオフェンス
(2.5)
アウトサイドオフェンス
(3.5)
パスワーク
(3.5)
ディフェンス
(3.0)
ベンチプレーヤー
(2.5)
総合評価
(3.0)

チーム状況

センター陣の活躍に期待
リラードとマッカラムのガードコンビは2人合わせて毎試合50得点くらいは堅い。逆にオフェンスパターンが偏ってしまう恐れがある。センター陣のアタックを増やしながらディフェンスを揺さぶれるかがとても重要。エースセンターのヌルキッチは怪我の治療中でまだ復帰は先になるため、ハッサンやザックといった実力のあるセンタープレーヤーの活躍が鍵となりそう。

ウエスタン7位予想

ニューオーリンズ・ペリカンズ

スターター予想

チーム評価

インサイドオフェンス
(3.5)
アウトサイドオフェンス
(3.5)
パスワーク
(3.0)
ディフェンス
(2.5)
ベンチプレーヤー
(2.5)
総合評価
(3.0)

チーム状況

ディフェンス力に課題
若手ドラフト上位指名選手が集うペリカンズは若きスター軍団と呼ぶに相応しい。今年のドラ1入団ザイオンはプレシーズンでも常に20得点以上をあげている。ザイオンの存在によりインサイドのオフェンス力は格段にアップ。アウトサイドではホリデーやイングラム、ボールに加えてJJレディックとシューター揃い。中も外も強いオフェンス力はリーグトップクラスに近い。一方でディフェンス力が弱い。唯一ディフェンス力が長けたホリデーに続きチーム全体のディフェンス力が上がればまだまだ順位を伸ばすことが出来るのでは!?

ウエスタン6位予想

ユタ・ジャズ

スターター予想

チーム評価

インサイドオフェンス
(4.0)
アウトサイドオフェンス
(3.5)
パスワーク
(4.0)
ディフェンス
(4.0)
ベンチプレーヤー
(3.5)
総合評価
(4.0)

チーム状況

チームケミストリーによっては超強豪
ベテランガードのコンリーや実力者センター、ボグダノビッチを獲得したジャズ。エース、ドノバンミッチェルの存在や厚いベンチ層を考えるとかなり強い補強となった。ただしベテランのコンリーにとっては初移籍。ジャズのメンバーもあまりチームの変化に慣れていない。新生ジャズとしてチームが噛み合えばスターター、ベンチ層、アウトサイド、インサイド、どこを取ってもかなり強い。しかし、噛み合うまでの時間を要すると見て6位と予想。

ウエスタン5位予想

GS・ウォーリアーズ

スターター予想

チーム評価

インサイドオフェンス
(2.5)
アウトサイドオフェンス
(4.5)
パスワーク
(4.5)
ディフェンス
(4.0)
ベンチプレーヤー
(3.0)
総合評価
(4.0)

チーム状況

パスワーク、3ポイントで勝負出来なければ厳しい
昨シーズンに比べると著しく戦力はダウンしたウォーリアーズ。ただこれまで築いてきたウォーリアーズスタイルは顕在。パスワークと3ポイントは引き続きリーグトップクラスであると予想。実力者センターの新加入ウィリーは怪我で欠場中。控えの選手層も高くないことから、とことん得意のアウトサイド攻めが出来るかが鍵。分かっていても止められないのがウォーリアーズ。レギュラーシーズンでチーム3ポイント合計数1,100本を決められれば恐らくリーグトップ。これを達成出来れば引き続き強いウォーリアーズは観られるはず。

ウエスタン4位予想

ロサンゼルス・クリッパーズ

スターター予想

チーム評価

インサイドオフェンス
(2.5)
アウトサイドオフェンス
(4.5)
パスワーク
(4.0)
ディフェンス
(4.5)
ベンチプレーヤー
(4.5)
総合評価
(4.5)

チーム状況

課題はインサイドのみ
レナードとポールジョージの加入で一気に優勝候補に名乗りを挙げたクリッパーズ。この2人に加えてベバリーがいることでディフェンス力がかなり高いチームとなった。またウィリアムズやハレルがベンチに控えていることも層の厚さを見せている。一方で目立ったインサイドプレーヤーは不在。ライバルのレイカーズと戦う際もこのあたりに苦戦が予想される。2年目のズバッツがどこまで成長出来るかが鍵を握っているかも知れない。

ウエスタン3位予想

デンバー・ナゲッツ

スターター予想

チーム評価

インサイドオフェンス
(4.5)
アウトサイドオフェンス
(4.0)
パスワーク
(4.5)
ディフェンス
(4.0)
ベンチプレーヤー
(3.5)
総合評価
(4.5)

チーム状況

チームケミストリーが非常に高いチーム
昨シーズンはウエスタン2位と躍進。ナゲッツに入団した若手を大切に育て続けてチームケミストリーを引き起こした結果、昨シーズンの躍進があった。個人プレーヤーだけを見れば他チームのスーパースター達に見劣りをしてしまうが、パスワークが非常に優れたチーム。昨シーズンはチームアシスト数がリーグ2位。今年もこのパスワークを止める事は中々難しいと予測。新加入のジェレミー・グラントの補強もあり3位と予想。

ウエスタン2位予想

ヒューストン・ロケッツ

スターター予想

チーム評価

インサイドオフェンス
(3.5)
アウトサイドオフェンス
(5.0)
パスワーク
(4.5)
ディフェンス
(4.0)
ベンチプレーヤー
(3.0)
総合評価
(4.5)

チーム状況

ハーデン最高の絶頂期突入
毎年ウォーリアーズの前に敗れ続けてきたロケッツ、そしてハーデン。大きく構図が変わった今年こそ絶対にチャンピオンリングを狙っているでしょう。プレシーズンでは話題になったハーデンの片足スリー。ハーデン流の技を色々試している姿からも気合の入り方がうかがえます。ハーデンはキャリハイとなる絶頂期を迎えるかも知れません。また新加入のウエストブルックも同様に久々に優勝が狙える機会として意気込んでいます。ロケッツはこれまでにないチームケミストリーが生まれる可能性もあり2位と予想。

ウエスタン1位予想

ロサンゼルス・レイカーズ

スターター予想

チーム評価

インサイドオフェンス
(5.0)
アウトサイドオフェンス
(4.5)
パスワーク
(4.5)
ディフェンス
(4.5)
ベンチプレーヤー
(3.5)
総合評価
(5.0)

チーム状況

体力面を除けば最強
新たにアンソニー・デイビスを獲得したレイカーズ。かつてはNo.1センターだったハワードも加入しインサイドは最強クラスに補強された。アウトサイドはダニー・グリーンの加入が大きい。レブロン・ジェームズは自身の年齢から見ても今年こそ勝負をかけてくると思われる。ベテラン実力者揃いのレイカーズは隙がない。ただし、ベテラン故に体力面が心配される。控え選手層も厚いためしっかりローテーションを組めば問題なし。体力面以外では課題が見当たらずレイカーズが1位と予想。

ビブスくんこれ外したらえらいこっちゃやな。

ブル舞くん

ビブスくん

皆さまこれは僕個人の見解なのでお手柔らかにお願いしますねー!
ほな次回は東の予想も頼んだでー。まぁブルズが優勝やねんけどな。

ブル舞くん

ビブスくん

いいですよー。東もやりましょう。ブル舞くんを前にブルズのところは言い辛いな…。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

Twitterのフォローもよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です