YouTubeチャンネルはこちらをクリック!

18-19シーズンラプターズ優勝の立役者!ダニーグリーンとフレッドヴァンブリードが見せた職人技は圧巻!

コモンカルチャーNBAをご覧の皆さまこんにちわ。

NBA18-19シーズンはトロントラプターズの優勝で幕を閉じました。

ファイナルMVPのレナードを始め、ラウリーやガソルといったベテラン選手たちの堅実なプレー、さらにシアカムという若手選手の成長によりプレーオフ期間にチーム力がますます上がっていった印象です。

その中で僕が注目したいのはダニー・グリーン(Danny Green)とフレッド・ヴァンブリート(Fred VanVleet)です。

この2人の職人技こそ、ラプターズ優勝の鍵となったといってもいいのではないでしょうか。

それが良く分かるのがNBAファイナル第3戦。

ポイントこそ、グリーンが18得点、ヴァンブリートが11得点とそこまで目立った数字ではないかも知れません。

ただ、グリーンは得点の全てが3ポイント、ヴァンブリートも1本のゴールを除いては3ポイントでの得点となります。

さらに圧巻なのが3ポイント%です。

なんとグリーンが60%でヴァンブリートが50%なんです。

ちなみにこの試合はカリーがプレーオフキャリアハイ47得点を記録するものの、ラプターズが14点差で勝利しています。

カリー47得点ハイライトはこちら

常に10点以上ラプターズがリードしている状況で、ウォーリアーズが追い上げる時間が何度かあります。

しかし、ウォーリアーズの追い上げ時間をことごとくシャットアウトしたのが職人2人の3ポイントでした。

ラプターズ優勝の立役者といっても過言ではない、2人プレーをご覧ください。

来シーズンはダニーグリーンはレーカーズでプレーします。

レナードもクリッパーズに移籍してしまいましたし、この最強ラプターズは解散してしまいましたが、2人の職人技にはこれからも注目していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

Youtubeチャンネル登録、ツイッター、インスタグラムのフォローもお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です