YouTubeチャンネルはこちらをクリック!

【アデトクンポvsエンビード】BIGMAN対決が最も白熱した試合をハイライトでもう一度!

コモンカルチャーNBAをご覧の皆さまこんにちわ。

昨年シーズンのイーストは混戦でした!

レギュラーシーズン1位はヤニスアデトクンポ率いるミルウォーキーバックス!

シーズンアデトクンポは211cmというビッグマンながら、ボール運びから1on1を仕掛けまくり得点を量産しました。

その結果、チームの勝率も一気に上がりシーズンMVPまで獲得。

そのアデトクンポがキャリアハイ得点を記録したのが2019年3月17日に行われて76ersとの一戦。

なんと52得点を記録しました!

これだけでも見応えがある試合だったぁ。

ですが、、、

この試合勝利したのはバックスではなく、76ersでした。

アデトクンポに対抗しまくったビッグマンがいます。

ジュエルエンビード!

216cmという身長にも関わらず3ポイントを4本沈めます。

エンビードはこの試合40得点を記録し76ersが勝利。

211cmのアデトクンポと216cmのエンビード

このビッグマン2人のバトルは歴史上まれに見る試合となったと思います。

このバトルの模様をハイライトにまとめましたので是非ご覧ください!

2019-2020シーズンもこの2人は大注目です。

引き続きイーストカンファレンスでこの対決を観れるのが本当に楽しみですね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

youtubeチャンネル登録、ツイッターやインスタグラムのフォローも是非お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です