YouTubeチャンネルはこちらをクリック!

【3/6(金曜日)NBAブログ放送局】本日のまとめレポート〜48試合振りにカリーが復活!!カリー‘sヒストリー!!〜

MCだるま

2020年3月6日金曜日いかがお過ごしでしょうか?MCだるまです。本日もやって参りましたコモンカルチャーNBAの時間です!オフィシャルコメンテーターのビブスくんと今日はゲストに雷太くんにお越し頂いています。本日もよろしくお願いします! 
よろしくお願いします。

ビブスくん

サンダークラスタの雷太です!よろしくお願いピカー!

雷太くん

MCだるま

それでは本日の試合結果から見て行きましょう!

本日の試合結果

MCだるま

ビブスくん今日の試合解説をお願いします。
よろしくお願いします。ウエストの上位対決となるクリッパーズ対ロケッツの一戦を見て行きましょう!

ビブスくん

MCだるま

クリッパーズとロケッツは今シーズン4度目の対戦となりましたよね?
そうそう!ロケッツが今のところ2勝1敗で勝ち越してるピカよ。

雷太くん

MCだるま

今日はいかがでしたでしょうか?
ロケッツのスモールボール戦術の最大の武器は3ポイント打ちたい放題と以前もお伝えしました。リーグ1位の3ポイント成功数を誇るロケッツならではの戦術ですね。逆に言えば3ポイントが入らなければこの戦術は成立しません。

ビブスくん

あとは5アウトオフェンスだと中心部のスペースがガラ空きなのでラッセルウエストブルックのペネトレイトが活きまくるピカよね。

雷太くん

MCだるま

①3ポイントが打ちやすい②ラスのスピードが活きる!この2つがポイントと言うことですね。果たしてクリッパーズに通用したのでしょうか?
正直通用したと思います。ただロケッツの自爆。武器となるはずの3ポイントが7/42でわずか16.7%と言う結果でした。シュートセレクションが悪いわけでは無いですか不調。ロケッツは前半終了時点で既に23点ビハインドという結果に。最後まで少し点差を詰めますがクリッパーズが15点差で快勝しました。

ビブスくん

ハーデンはちょっとスランプですね。その点、ラスが絶好調!今日も29得点15リバウンドピカよね。

雷太くん

MCだるま

直近4試合でラスは平均31.2得点、ハーデンは27.8得点ですよね。
ラスの好調、ハーデンの3ポイント爆発の二拍子揃えば止めようがないんですが、中々そうは行かないようですね。それではハイライトをご覧ください。

ビブスくん

MCだるま

それでは順位表です。

3月6日時点の順位表

MCだるま

本日勝利したトロントラプターズがプレーオフ進出を決めました。これでプレーオフ進出が既に決まったのがバックスとラプターズの2チームとなります。それでは今日の主な出来事を紹介する、本日のNBAトピックスです。

本日のNBAトピックス

  • トロントラプターズがプレーオフ進出決定
  • ゴールデンステイトウォーリアーズのステフィン・カリーが48試合振りに怪我から復帰
  • FA中のディオン・ウェイターズがレイカーズとの契約に同意

ピックアップNBA

MCだるま

それでは今NBAの中で特に深掘りしたい事をご紹介する「ピックアップNBA」のコーナーです。ビブスくん、今日は何をピックアップしましょうか?
はい。今日はウォーリアーズのステフィン・カリーです。昨年の骨折からついに58試合振りの復帰となりました。

ビブスくん

MCだるま

近年ではNBAを席巻し続けてきた1人と言えますよね。
そうですね。そんなカリーを久しぶりにお目に掛かれるということで彼についておさらいをしましょう!

ビブスくん

Stephen Curry
カリー’sヒストリー
1988年3月14日オハイオ州アクロンのレブロン・ジェームズが生まれた病院で生誕。父デル・カリーも元NBA選手でありシャーロットホーネッツに在籍していたことから育成地はノースカロライナ州シャーロットとなる。同州にあるシャーロットクリスチャン高校へ進学しカンファレンス優勝3回。カンファレンスオールチームにも選出される。しかし、身長183cmだったカリーはメジャー大学の奨学金オファーが無く地元デビッドソン大学へ進学。大学ではシーズン3ポイント成功数が113本となりNCAA1年生での3ポイント成功数新記録を樹立。U-19世界選手権のUSA代表に選ばれ銀メダルを獲得している。そして3年生が終了後2009年NBAドラフトにアーリーエントリーとなる。

2009年NBAドラフト全体7位指名を受けゴールデンステイトウォーリアーズへ入団。ルーキーシーズンでは月間最優秀新人賞を3度受賞。年間最優秀新人賞は逃したものの2位につける評価を得ていた。

そして入団3年目の2012-13シーズン。カリーはシーズン3ポイント272本の成功数新記録を樹立。6年振りのプレーオフ進出を果たし2回戦で敗退となる。

さらに入団5年目の2014-15シーズンは大爆発の年となる。スティーブ・カーヘッドコーチが就任しチームは大躍進。自身が持つシーズン3ポイント成功数の記録を更新。ファイナルではレブロン・ジェームズ率いるクリーブランドキャバリアーズと対戦し勝利。40年振りのチーム優勝へ導いた。

翌年はシーズンMVPを獲得。さらにシーズン3ポイント成功数は自身が持つ286本の記録を100本以上更新し402本という新記録を樹立。さらにレギュラーシーズンの勝利数はブルズが持つNBA記録72勝10敗を上回る73勝9敗とほの負けなしでレギュラーシーズンを終える。再びファイナルではレブロン・ジェームズ率いるクリーブランドキャバリアーズと対戦し3勝1敗と大手を掛けながらも、これまでの例のないそこから3連敗で惜しくも2連覇を逃す。

2016-17シーズンはコービー・ブライアントが持つ1試合3ポイント成功数12本のNBA記録を更新する1試合13本の3ポイントを記録。3度ファイナルではキャバリアーズと対戦。見事2年振りに優勝へ輝く。

2017-18シーズンでは史上最速で通算3ポイント成功数2,000本へ到達。4年連続キャバリアーズとファイナルでは対戦し勝利。連覇達成となる。

2018-19シーズンでは通算3ポイント成功数が歴代3位まで浮上。また3試合連続8本以上の3ポイントを決めた選手はおらず、カリーが偉業を達成する。しかしファイナルではトロントラプターズと対戦し敗北。3連覇ならずであった。

そして今シーズンカリーは開幕直後となる10月31日に行われたフェニックスサンズ戦でシュート時に落下。左手中指を骨折し翌日手術。以後試合は出場出来ていない。

こう見るとすごい選手だなぁ。ちなみにシーズン最多勝利数をあげた2015-16シーズンではプレーオフで我々サンダーが追い詰めたピカよ!

雷太くん

MCだるま

確かサンダーがウォーリアーズ相手に3勝1敗でリーチ掛けましたよね。
3勝1敗からの逆転勝利は史上初でウォーリアーズが3連勝し逆転でしたよね。

ビブスくん

トラウマトラウマ。思い出したくない過去ピカよ。

雷太くん

MCだるま

サンダーファンからすると思い出したくないですよね。それにしてもウォーリアーズの王朝時代は終焉と言われていましたが、今季はやはり苦しいですね。
正直、ほかのチームではベンチスタートであろう選手たちだけで構成している現状ですから14勝48敗は仕方ないですよね。ただカリーまでも長期離脱せざるを得ないというのは誰も予想していなかった今シーズン。彼が1人居るだけでも結果は違ったかも知れません。そんなカリーがいよいよ復帰しました!ウォーリアーズの活気が戻ってきたことを感じさせるプロモーションをご覧ください。

ビブスくん

ウォーリアーズが活気付いてくると胸がざわつくピカよ。今のままおとなしくしといてもらった方が…。

雷太くん

MCだるま

リーグを席巻していたウォーリアーズの存在はほぼ無い状態でNBA全体は拮抗していますからねぇ。ウォーリアーズが復活するとなるとまた大きく構図が変わりそうです。いよいよ復帰したカリーの今日はどうでしたでしょうか?
試合には敗れてしまいましたが、23得点7リバウンド7アシストと高スタッツを27分の出場で記録しました。やはりカリーは恐るべしです。カリーのハイライトをご覧頂ければそう言わざるを得ないのが分かります。

ビブスくん

MCだるま

本日のゲスト雷太くんはいかがですか?
正直ここまで復帰を伸ばしてもらって良かったと。もうちょっと早く復帰されていたら好調のサンダーといえど、危なかったかも知れないピカよ。

雷太くん

MCだるま

明後日はシクサーズと対戦するウォーリアーズ。カリーが復帰した今、既に最下位のチームの顔では無くなってしまったかも知れませんね。引き続き注目して行きましょう!

明日の注目カード

明日は10試合です。特に注目はバックス対レイカーズの両カンファレンス頂上決戦ですね。バックスは既にプレーオフ進出を決めていますが、プライドのぶつかり合いとなることは間違いないでしょう!今季1度だけ対戦していますが前回はバックスが勝利しています。

ビブスくん

MCだるま

楽しみですね。ゲストの雷太くんは注目している試合はございますか?
もちろんサンダー対ニックスでしょう。言ってもサンダーはウエストの6位ですぇど、同率4位のロケッツとジャズに1.5ゲーム差しか開けられていないピカよ。単独4位でシーズンを終えるためにも負けられないピカー!

雷太くん

MCだるま

サンダー4位になれば素晴らしいですね。ありがとうございます。最後は本日のNBAトップ10プレーをご覧ください!

本日のNBAトップ10プレー

MCだるま

本日のトッププレーはナゲッツのジャマール・マレーによるクラッチタイムでの決勝点となったフェイダウェイショットでした!最後にお知らせです。番組では公式ツイッターやインスタグラム、Youtubeチャンネルをご用意しております。下にある「Follow Me」欄のSNSボタンをポチっと押して頂きフォローを是非お願いいたします!今日はお二方ともありがとうございました!
ありがとうございました!

ビブスくん

ありがとうピカー!

雷太くん

MCだるま

それではまた明日お会いしましょう!Good Night NBA!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です